一軒家

屋根塗装に必要な縁切りの作業

夜景

屋根塗装の際に、縁切り(えんきり)と言われる作業があります。必ずしないといけない塗装の工程となります。
屋根にコロニアルやカラーベストなどと言われる塗り替え工事に必要です。縁切りの目的としては、塗装することにより塗料で屋根を塞いでしまっては、塗装の目的と違ってしまうため行う作業です。雨漏りの原因とならないためにも、この縁切りという屋根塗装の工程が必要となります。
屋根材の表面には、通気性の確保や雨水を排出すると大切な溝がついているのです。屋根塗装の工事完了後には、塞いでしまった隙間を取り除くものです。屋根材の下地は、木の板で作られる野地板と呼ばれるもので出来ているのです。
コロニアルやカラーベストの屋根塗装では、縁切りは大事な作業となります。塗装を完了した屋根にカッターで塗装面を傷つけることに抵抗がある人など、差し込むタスーペーサーというものがあるのです。タスペーサーは、屋根の継ぎ目になる左右の部分に差し込む方法なのです。はじめて屋根塗装をする際には、縁切りは不要なのです。これは屋根材に重なる部分に隙間がある為です。
屋根塗装をする2回目以降に、縁切りが大切と言われるわけは塗料の厚みがある為です。

寒い地域では需要が多い屋根塗装

家の模型

屋根塗装は、地域と密接な関係があります。一部の地域の方々が、その塗料を用いるケースも案外と多いからです。例えば北海道地域には、気温に関する大きな特徴があります。日本でも北方にある訳ですから、冬はかなり気温が低めになる傾向があるのです。そのため北海道地域では、住宅などに対して屋根塗装が用いられる事例も少なくありません。なぜならその塗料には、断熱性に関するメリットがあるからです。そもそも断熱というのは、建物から熱が逃げるのを防止する意味合いもあります。冬の建物内では、温度を上げる為にエアコンを使う事も多いでしょう。ところが住宅の断熱性は…

屋根塗装は絶対に忘れずに

手で覆った家

屋根塗装というのはどの屋根にも施されている事かと思いますが、実は年数経過で劣化をしていきます。そのため、定期的に屋根塗装を業者に依頼をしないといけません。しかし屋根塗装のタイミングというのは10年に一度程度となっており、ついつい忘れがちになってしまいます。なので本当はもう塗り直しをした方が良いような状態にも関わらず、そのままにしてしまっている方も少なくないようです。しかし、その状態にしておくと様々なトラブルが発生します。そのトラブルというのは、例えば屋根の強度が落ちる、雨漏りしてくるなどです。塗装は屋根自体を守っていますので、その守りがなく…

寒い地域では需要が多い屋根塗装

家の模型

屋根塗装は、地域と密接な関係があります。一部の地域の方々が、その塗料を用いるケースも案外と多いからです。例えば北海道地域には、気温に関する大きな特徴があります。日本でも北方にある訳ですから、冬はかなり気温が低めになる傾向があるのです。そのため北海道地域では、住宅などに対して屋根塗装が用いられる事例も少なくありません。なぜならその塗料には、断熱性に関するメリットがあるからです。そもそも断熱というのは、建物から熱が逃げるのを防止する意味合いもあります。冬の建物内では、温度を上げる為にエアコンを使う事も多いでしょう。ところが住宅の断熱性は…

屋根塗装は絶対に忘れずに

手で覆った家

屋根塗装というのはどの屋根にも施されている事かと思いますが、実は年数経過で劣化をしていきます。そのため、定期的に屋根塗装を業者に依頼をしないといけません。しかし屋根塗装のタイミングというのは10年に一度程度となっており、ついつい忘れがちになってしまいます。なので本当はもう塗り直しをした方が良いような状態にも関わらず、そのままにしてしまっている方も少なくないようです。しかし、その状態にしておくと様々なトラブルが発生します。そのトラブルというのは、例えば屋根の強度が落ちる、雨漏りしてくるなどです。塗装は屋根自体を守っていますので、その守りがなく…

UPDATE ARTICLE

2016/04/06
屋根塗装はいつやるべきかを追加しました。
2016/04/06
屋根塗装に必要な縁切りの作業を追加しました。
2016/04/06
屋根塗装は絶対に忘れずにを追加しました。
2016/04/06
寒い地域では需要が多い屋根塗装を追加しました。