一軒家

屋根塗装に必要な縁切りの作業

夜景

屋根塗装の際に、縁切り(えんきり)と言われる作業があります。必ずしないといけない塗装の工程となります。屋根にコロニアルやカラーベストなどと言われる塗り替え工事に必要です。縁切りの目的としては、塗装することにより塗料で屋根を塞いでしまっては、塗装の目的と違ってしまうため行う作業です。雨漏りの原因とならないためにも、この縁切りという屋根塗装の工程が必要となります。屋根材の表面には、通気性の確保や雨水を排出すると大切な溝がついているのです。屋根塗装の工事完了後には、塞いでしまった隙間を取り除くものです。屋根材の下地は、木の板で作られる野地…

屋根塗装はいつやるべきか

家の色を塗る

屋根塗装というものは、全ての屋根にとっては必ず必要なものです。見た目のためだけでに塗装は行われているのではなく、屋根を守るために屋根塗装は行われているのでその点はしっかりと頭に入れておいてください。では、そんな屋根塗装はいつやるべきなのかこれから解説をしたいと思います。屋根塗装はその屋根の種類により、多少タイミングがずれてきます。スレートであればだいたい10年が目安に、トタンであればだいたい5年が過ぎた頃が屋根塗装のタイミングとなると覚えておきましょう。それよりも前に屋根塗装が必要になる事はあまりありませんが、見た目で劣化がわかれば多少タイ…

各塗料の違いを知って自分に最適な物を選ぶ

庭付き一戸建て

屋根塗装には、実は色々な選択肢があります。塗料を塗ると言っても、実は画一的な物では無いのですね。それぞれの塗料によりかなり大きな違いもあるので、各塗料の特徴を把握しておくのも屋根塗装の重要なポイントと言えます。
例えばある屋根塗装業者による塗料の場合は、断熱性に関わる大きな特長があります。その塗料の場合は、熱などは簡単に伝わらない仕組みになっているのですね。ですので夏の時期などは屋根から熱が入ってくるのを防止できますし、住宅内から熱が逃げるのを防ぐ働きもあるのです。
それに対して別の屋根塗装業者の塗料の場合、むしろ耐水性に関する特色が見られます。一部の住宅では、残念ながら雨漏りなどが発生しています。しかしその屋根塗装業者が採用する塗料の場合は、耐水性が極めて優れているので、雨漏りなどが発生する確率は極めて低いのですね。
上記のように複数種類ある訳ですが、やはりどの塗料を選ぶべきかは、現在の住宅の問題点に左右されるでしょう。夏に気温が高まりやすいなら、前者の断熱性がある屋根塗料が望ましいと考えられます。逆に雨漏りが心配なら、後者の塗料がベターと言えるでしょう。
まずは各屋根塗装業者の塗料の違いをよく把握した上で、自分に最適な物を選ぶのが望ましいでしょう。

浜松では屋根塗装の業者を説明の分かりやすさで比較

屋根塗料とは、屋根に関する問題点などを解決する為に用いられる塗料です。一部の住宅などでは、雨漏りなどが発生する事もあります。それ以外にも断熱性などの問題が発生する住宅もあるのですが、その問題点を解決できる塗料なのです。
ところで人々の中には、屋根塗料を初めて検討する方も見られます。その場合は、色々と困惑する点も多いでしょう。やはり初めての経験となると、色々と分からない点も多いからです。
その場合は、浜松で屋根塗装業者の説明が丁寧か否かが大きなポイントになります。例えば業者Aの場合は、屋根塗装に対する説明が非常に丁寧だったとします。専門用語は使わず、誰に対しても分かりやすい言葉で話してくれたとしましょう。それに対して業者Bの場合は、ちょっと内容が分かりづらかったとします。
このAとBの屋根塗装業者を比べると、未経験の方々にとっては、Aの方がベターと言えるのですね。今まで屋根塗装を一度も経験した事が無いのですから、やはり分かりやすく説明してくれるのに越した事は無いでしょう。
各社から見積もりを取るとなると、それぞれの屋根塗装業者の比較をするケースが目立ちます。未経験の場合は、各社の説明の分かりやすさなどは、業者を比べる基準の1つになるでしょう。

屋根塗装をするにも、信頼できる業者さん

屋根塗装は大きな損害に繋がらないためにも、重要となります。リフォームの1つである屋根塗装となります。目的には外観が塗装をすることにより、年数が経った家でも見た目がよくなることです。また屋根の塗装をすることで、防水性が今までよりも高くなり安心した暮らしができるのです。その他にも、屋根の塗装を行う前には下地処理を行うことも、屋根の強度を回復し風や雨からも強い家となります。
屋根塗装をするにも、一番初めの工程を十分にして頂くことは大切です。最も基本となる下地処理となります。外壁も年数が経つことで塗膜は痛むものですが、屋根は外壁よりも過酷な環境にさらされているのです。そのためにも屋根の塗装をするには、下地処理として高圧洗浄を行います。高圧洗浄は、新しい塗膜の密着力を強くするためとなります。今までの屋根の状態が劣化していることで、塗膜を入念に除去する必要があるのです。
またサンドペーパーと言われる紙やすりをあてる作業もするのです。これは棟のトタンである鉄板は、高圧洗浄だけでは不十分という理由があります。下地処理後の下塗り材のさび止め塗料の密着力を強くするためです。
屋根塗装するにも、信頼できる業者さんから選びたいものです。

美観はもちろんですが、いろいろなメリットがある屋根塗装浜松ならココ「浜名湖ホームサービス」

寒い地域では需要が多い屋根塗装

家の模型

屋根塗装は、地域と密接な関係があります。一部の地域の方々が、その塗料を用いるケースも案外と多いからです。例えば北海道地域には、気温に関する大きな特徴があります。日本でも北方にある訳ですから、冬はかなり気温が低めになる傾向があるのです。そのため北海道地域では、住宅などに対して屋根塗装が用いられる事例も少なくありません。なぜならその塗料には、断熱性に関するメリットがあるからです。そもそも断熱というのは、建物から熱が逃げるのを防止する意味合いもあります。冬の建物内では、温度を上げる為にエアコンを使う事も多いでしょう。ところが住宅の断熱性は…

屋根塗装は絶対に忘れずに

手で覆った家

屋根塗装というのはどの屋根にも施されている事かと思いますが、実は年数経過で劣化をしていきます。そのため、定期的に屋根塗装を業者に依頼をしないといけません。しかし屋根塗装のタイミングというのは10年に一度程度となっており、ついつい忘れがちになってしまいます。なので本当はもう塗り直しをした方が良いような状態にも関わらず、そのままにしてしまっている方も少なくないようです。しかし、その状態にしておくと様々なトラブルが発生します。そのトラブルというのは、例えば屋根の強度が落ちる、雨漏りしてくるなどです。塗装は屋根自体を守っていますので、その守りがなく…

UPDATE ARTICLE

2016/04/06
屋根塗装はいつやるべきかを追加しました。
2016/04/06
屋根塗装に必要な縁切りの作業を追加しました。
2016/04/06
屋根塗装は絶対に忘れずにを追加しました。
2016/04/06
寒い地域では需要が多い屋根塗装を追加しました。